会社が社員を大切にしているか?

会社が社員を大切にしているか?

正社員になりたいと思っていても、やはりこのご時世ですから、契約社員の方が求人が多くあります。
正社員に限って仕事探しをしていると、どうしても職種などを考慮すると応募さえできないこともあるでしょう。
また、自分の年齢を考えると難しいかな?と思うこともあるように思います。

 

正社員の仕事がない場合、多くの人は契約社員になることが多いようです。
契約社員といっても、それはその会社でかなりの違いがあって、正社員になるような人材を育てている場合もありますし、中途半端な立場で雇用して
10年経っても少し給料が上がるくらいで何も変わらないということがあります。
どうすれば、その両者の違いを見つけることができるのか?

 

それは、求人欄に「正社員になれる」というようなことが書いてあれば一番わかりやすいのですが、
そういう記載がない場合は、会社の口コミ、福利厚生で判断するしかありません。
また、離職率の高さで判断する方法もあります。
福利厚生のいい会社や有給消化率の高い会社というのは、社員を大切にしている傾向が高いので、社員目線でさまざまなことが決められています。
しかし、しっかりと有給も消化でき、福利厚生がよいということは、それだけ会社が利益を出しているということです。
仕事そのものは大変かもしれません。
と言っても、仕事が大変で休みもまともに取れない会社もあるでしょうから、仕事の大変さは仕方ありませんよね。